朝起きると首の筋(すじ)が痛くて思うように頭を動かせない。
これが寝違えです。
首の筋肉の疲労から起きる事が多く
筋肉が疲労し柔軟性が少なくなった時に急に首を動かすと
筋肉や筋膜に炎症が起きてしまうのです。

ギックリ腰と違って、寝違えでやっかいなのは、
寝ている時に起きる事です。

寝違えを肩こりなどと同じに考えて、もんだり
叩いたりする人がいますが、逆効果です。

かえって痛みが増す事がありますので治療を行い
安静にして数日間冷やして痛みが楽になったら
温めたりストレッチをして下さい。
肩関節、肩甲骨を動かすように体操をすれば効果的です。

寝違えは姿勢と大きく関係しています。
眠るときの枕が合っていないと
寝違える可能性も高くなります。