○動き始めに膝が痛みませんか?
○膝が腫れたり、熱っぽい感じがしますか?
○膝を動かすと、ひっかかったり急に力が抜けたりしませんか?
○太ももが痩せたり、靴の底がかたよって減ったりしていませんか?

上記の症状がある場合は、変形性ひざ関節症の疑いがあります。
中高年の膝痛の9割以上が、この変形性膝関節症だといわれています。
これは一般的に筋力の低下・過度の負担のかけすぎ・体重増加による
膝への負担等により起こるものです。

変形性膝関節症は、男性より女性に多いのが特徴で
加齢による骨の新陳代謝の低下や軟骨へのストレスで
膝痛が起き、症状が重くなると膝に水がたまってきたりします。

少量の場合はテーピング・スポンジなどで保護して
安静にしていれば炎症も治まり水も散っていきます。

多量になると膝が腫れて曲げ伸ばしがつらくなり、
炎症も治りにくくなるため注射器で水抜きをする必要があります。
水がたまった状態のままでは関節がゆるんだり、
軟骨がもろくなったりします。

膝痛予防としては、正しい歩き方を習慣づけるのがまず第一。
正しい歩き方をするだけで、膝痛予防に大切な
大臀筋と内転筋が鍛えられます。

正しい歩き方とは前に脚をだしたときに
膝が伸びていること。
反対に、悪い歩き方とは、歩幅が狭く、
膝を曲げた歩き方です。

膝を曲げたまま歩いていると、一定の部分に負荷がかかり、
膝の皿(膝蓋骨)が不安定になって膝痛を起こします。
少し意識して歩いてみることをまずお勧めいたします。